architecture

HALA TARGOWA

2013/09/25撮影

2013/09、研究室M2徳田くん、およびD1加藤のIASS2013での研究発表のため谷口先生とともに訪れたポーランド第4の都市ヴロツワフ。この街の中心から北に15分ほど歩いたところに市場HALA TARGOWAがあります。この市場、何と1908年竣工のもので、すでに100年以上も経つコンクリート建築なのです。
内部はコンクリートのアーチを連続的に並べた構成で、コンクリートの地肌のブルータルな雰囲気が非常に印象的な空間です。また、市場としてもにぎわっており、色とりどりの商品が並び、人々の生活が感じられて、100年以上も経った建築がこうして人々の生活に密着して利用されていることがなによりうれしく感じられる建築でした。


DSC_0012 DSC_0013 DSC_0014 DSC_0015 DSC_0016 DSC_0017 DSC_0018 DSC_0019 DSC_0023 DSC_0025 DSC_0026 DSC_0033 DSC_0034 DSC_0035 DSC_0039 DSC_0040 DSC_0042 DSC_0047 DSC_0048