architecture

100周年記念ホール

2013/09/23撮影

ポーランドのヴロツワフ市(Wroclaw)にあるコンクリート造のホール。ライプツィヒの戦い100周年を記念して建てられたもので、建設当初は世界最大のコンクリート造建築でした。現在は世界遺産。
RC造のブルータルな迫力と合理的なアーチ構造の構造フォルムがなんとも質実剛健な印象で、非常にかっこいい。地域の商業イベントからクラブイベントまで幅広く利用されているようで、その現代的なイベント内容と時代を感じさせる空間の対比が非常に面白いものとなっています。

DSC_0023 DSC_0030 DSC_0049 DSC_0062 DSC_0065 DSC_0066 DSC_0083 DSC_0088 DSC_0089 DSC_0097 DSC_0101